美容と健康、二日酔い予防にも効くごま油

香ばしい香りがあることから、お料理の香り付けによく使われるこま油。
天ぷらの揚げ油や炒め物にもよく使われています。

インドのアーユルヴェーダでは、マッサージオイルとしても使われていますね。
そんなごま油は、近年では美容と健康にいい食材として注目されています。

ごま油の主成分はオレイン酸とリノール酸という不飽和脂肪酸です。
この2つのほか、数種類の不飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸で構成されています。

ごま油が美容と健康によいとされるのは、この2つの不飽和脂肪酸と
ゴマリグナンと呼ばれる抗酸化物質の働きによるものなんです。

 

 ごま油の美容・健康成分と働き

 オレイン酸

不飽和脂肪酸の中でもっとも酸化されにくい性質があります。
体内では活性酸素と結合し、過酸化脂質の産生を抑えます。

過酸化脂質は細胞を傷つけ、老化やがんの原因になる物質です。

また、美容面では肌の黒ずみやしみの原因にもなってしまうため、
過酸化脂質を減らすことで、肌の老化予防、美肌対策にもなります。

 

 リノール酸

私たちの体に絶対必要な必須脂肪酸で、
不足すると皮膚などに障害が出ることがあります。

リノール酸は血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあるので
動脈硬化の予防になりますが、過剰に摂取すると花粉症やアトピーなどの
アレルギー症状を悪化させてしまうため、摂りすぎには注意が必要な成分です。

 

 ゴマリグナン

セサミン、セサモリン、セサミノールなど数種類があります。

脂質の酸化を強力に抑制する作用があるので、こま油が酸化に強いのは、
主にこの成分の働きによるものといわれています。

強力な抗酸化作用があるため、体内の活性酸素除去に役立ちます。
中でもセサミンは肝臓の活性酸素を除去し、アルコール分解を助けます。

また、肝臓でアルコールが分解されるときに産生される有害物質アセトアルデヒドの
産生を抑制するため、肝機能向上、二日酔い予防効果もあります。

 

美容と健康に役立つごま油ですが、基本的には食用油なのでカロリーは高いものです。
健康にいいからと摂りすぎれば肥満の原因となり、本末転倒です。

毎日の食事に少量を使用するなど、適度にお摂り下さい。
特にお酒をよく飲む方にはおすすめです。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*