免疫力アップに役立つサプリと詳細レビュー


神仙桑抹茶ゴールド
生活習慣病を予防する桑の力
⇒ 詳細レビュー

メガサンA150
免疫乳酸菌 EF-2001サプリ
⇒ 詳細レビュー

まだ若いのに生理がない…若年性更年期障害かも?

若年性更年期障害とは正式な病名ではなく、まだ20代30代の若い年齢で、
更年期障害に似た症状が出ることを指し、卵巣機能低下症と呼ばれることもあります。

本来、更年期障害は50歳前後の女性が、閉経のためにエストロゲンが欠乏し、
ホルモンバランスが崩れることで現れてくるものです。

自律神経失調症の症状、ホットフラッシュ、関節痛、生理不順、
イライラ、抑うつなど様々な症状がありますが、

若い女性でも、様々な原因によって、これら更年期障害の症状と
同じような症状が現れてくることがあるのです。

 

 若年性更年期障害の原因は?

原因は、やはりホルモンバランスが崩れることですが、更年期障害と違って、
外部からの刺激によって崩れることが多いようです。

 

 ストレス

職場での過酷な労働、家庭の問題など様々なストレスによって、
ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

 睡眠不足・夜更かし

睡眠時間が短かったり、就寝や起床時間が不規則だったりすると、
ホルモンバランスが乱れやすくなります。

 

 食生活の乱れ

ファストフードなど栄養の偏った食品の過剰摂取や過剰な飲酒、
また、急激にやせたり、太ったりすることでもホルモンバランスは崩れます。

 

 体の冷え

寒い季節でもファッションを優先させて、肌の露出の多い服を着たり、
サンダルを履いたりすることで、体が冷えることも原因です。

また、喫煙は血管を収縮させるため、体が冷えやすくなります。

 

 若年性更年期障害の治療と予防は?

症状が重くなった場合は、婦人科でのホルモン補充療法が、
軽い場合は漢方薬の投与が行われることが多いようです。

症状を放置していると、治療をしても回復しない場合もあるため、
無月経などの症状が現れた場合は、早めに治療することが寛容です。

 

予防するには、やはりストレスの軽減が一番重要です。
ストレスを溜め込まず、何かしら解消法を見つける努力をしましょう。

そして、十分な睡眠と栄養バランスのよい食事を摂りましょう。

何かしら軽い運動習慣をつけることで気分転換になりますし、
好きな趣味の時間を設けることで、嫌なことを忘れられます。

 

また、ゆっくりとぬるめのお風呂に入浴することで、
副交感神経が刺激されてリラックスできます。

若年性更年期障害の症状かな?と思ったら、
まずはストレス解消を図って下さい。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*