免疫力アップに役立つサプリと詳細レビュー


神仙桑抹茶ゴールド
生活習慣病を予防する桑の力
⇒ 詳細レビュー

メガサンA150
免疫乳酸菌 EF-2001サプリ
⇒ 詳細レビュー

緊急性はないけれど…治したいむくみ

痛みはないけれど、パンパンになって太って見えたり、
顔が大きく見てしまうむくみ。浮腫ともいいますね。

なぜか夕方になると脚がむくむ、朝起きると顔がむくんでいる…
という方は案外多いのではないでしょうか。

むくみは、血液と細胞間質液の浸透圧バランスが乱れることから起こります。

細胞間質液とは、血管と細胞を行き来して、血液で運ばれてきた
酸素や栄養素を細胞に受け渡し、老廃物を血液に回収する働きのある液体。

この液体がうまく吸収されないと、血管外の細胞に水分が溜まり、
むくみになってしまうという訳です。

 

むくみにはそれなりの原因がある

よく、立ち仕事が多い人は下半身がむくむといいますが、
これは重力の関係で水分が下に移動するからです。

逆に、寝ているときには水分が上に移動するため、
顔がむくみやすくなるのです。

こうしたむくみを解消するには、そもそもなぜむくんだのか?
という原因から対処することが大切です。

 

 むくみの原因と対策

 塩分・糖分の摂りすぎ

一般的によく知られていることですが、塩分の多い食品を摂りすぎると、
体液の塩分濃度を上げないために、水分を排出せずに蓄えようとする力が働きます。

糖分もまた、水分と結びつきやすいため、摂りすぎればむくみを生じますので、
甘いものもしょっぱいものも摂りすぎに注意したいですね。

 

 血行不良

長時間、同じ姿勢でいることによって血行不良からむくみを生じます。
立ち仕事の人の脚のむくみは、大抵はこれが原因です。

重力の作用で血液もリンパ液も下に溜まりやすくなりますが、
これを上に押し戻すのが脚の筋肉、特にふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎをマッサージすることで、体液を上に押し戻す力が高まり、
血行も促進されます。また、脚のむくみには足湯も効果的です。

(関連記事 ⇒ 手軽にできる爪もみで免疫力を活性化

 

 ストレス・睡眠不足

ストレスは交感神経を優位にし、その作用で血管を収縮させるため、
血液もそれ以外の体液も循環が悪くなり、むくみが生じることがあります。

また、睡眠不足も代謝が悪くなるため、体内の水分バランスが乱れ、
むくみが生じることがあります。

十分な睡眠とストレス解消を心がけて下さい。

 

 アルコールの摂りすぎ

アルコールには利尿作用がありますが、アルコール分解には水が必要なので、
尿で排出された水分を補うために、体内の水分を保持する力が働き、
むくみが生じることがあります。

また、肝臓が弱ると、生成されるアルブミンの濃度が低下します。
アルブミンには血液の浸透圧を調整する働きがあるため、
不足するとむくみを生じさせます。

お酒好きで、慢性的にむくみが出る人は要注意です。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*