意外とたくさんの効果がある深呼吸

イライラしたとき、不安なとき、緊張したときに自然にやっている深呼吸。
副交感神経を優位にし、気分を速やかにリラックスさせる効果があります。

もっとも簡単にできる健康法ともいえる深呼吸には、
このほかにも意外と知られていないたくさんの効果があるんです。

 

 深呼吸の効果

 副交感神経が活性化

副交感神経が優位になることで、心拍数が減り、血圧も下がります。
ストレスが緩和され、リラックスした状態へと導きます。

 

 疲労回復

通常の呼吸よりも多くの酸素を取り込むことで、血液循環と老廃物の分解や排出が
スムースになり、疲労回復に繋がります。

 

 精神の安定

数分間、深呼吸を続けているとセロトニンの分泌が促され、
精神を安定させる効果もあります。

 

 肩こりの緩和

深呼吸をすると肋骨や鎖骨をいつもよりも大きく可動させるため、
肩や背中の筋肉が一緒に動き、適度なストレッチ効果が得られ、
肩の力が抜けるため、肩こりの解消になります。

 

 冷え性・むくみの改善

腹圧が掛かることで心臓へ戻る血流が早くなり、末端まで血液が循環し、
冷え性やむくみの改善に繋がります。

 

 一般的な深呼吸の方法

ヨガや気功などでは特別な呼吸法があるようですが、
ここでは一般的な深呼吸法のひとつをご紹介します。

  1. 椅子や床に座った状態で、片手を下腹部に、もう片方の手を胸に置く。
  2. 胸を動かさないように注意して、お腹の膨らみを意識しながら、
    大きく鼻から吸い込む。
  3. 唇をすぼめてヒューという感じで息を吐く。お腹がへこむのを意識しながら、
    完全に空気を吐き出すように行う。

これをゆっくりと10回程度繰り返し行います。
※このやり方でなければダメということではありません。

 

いつでもどこでもできる深呼吸は、もっとも手軽なリラックス法であり、ストレス解消法でもあります。緊張や不安を感じたときだけでなく、普段から意識して行うことをおすすめします。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*